Registration Corporate Data [登録企業データ]
[最終会社情報更新日:2017/06/21]

三津橋産業株式会社

企業情報

業種 製造業
郵便番号 095-0021 所在地 北海道士別市西1条21丁目471番地
電話番号 0165-23-5271 FAX番号 0165-23-2579
会社HP http://www.mlcmitsuhashi.co.jp/ メールアドレス k-chiba@mlcmitsuhashi.co.jp
事業内容 ●製材、チップの製造販売、原木の仕入販売
●製材・単板の輸入業務
●製材販売、建材販売、プレカットCAD設計
●造材・造林の請負
●石油販売
経営理念 ●環境にやさしい木を育て、森を育て、木と森の文化を未来に受け継ぐ
●地域の木材を地域の雇用でつくり、地域で利用する、地域社会への貢献
企業PR ◆創業87年 北海道の総合木材企業 

●札幌で、旭川で、士別で、大阪で、九州で、木材のことなら三津橋産業へ
●原木、住宅用木材、家具用木材、集成材、合板、プレカット 木材のことなら三津橋産業へ
●JAS認定工場、SGEC認定事業体及び合法木材供給事業者
●三津橋産業はCO2削減の為、森づくりに取り組んでいます


全従業員数 85名 従業員数内訳 平均年齢 43歳
代表者名 三津橋 央 (ミツハシ ヒサシ) 設立 1950年 資本金・出資金 5,662万円
売上高(本年度) 325,056万円(28年度実績) 売上高(前年度) 345,932万円(27年度実績) 売上高(前々年度) (年度実績)
支店・事業所 ◆三津橋産業株式会社営業拠点・工場

●士別本社   北海道士別市西1条21丁目471番地 0165-23-5271
○広葉樹工場 北海道士別市西1条21丁目471番地  広葉樹製材生産
○針葉樹工場 北海道士別市西2条21丁目471番地  0165-23-5201 針葉樹製材生産
       
○音威子府工場 北海道中川郡音威子府村 01656-5-3211 木材チップ生産
○富良野工場 北海道富良野市島ノ下 0167-22-4215 木材チップ生産
○幌加内工場 北海道雨竜郡幌加内町字雨煙内 0165-35-2334 木材チップ生産

○幌加内サービスステーション 北海道雨竜郡幌加内町字幌加内 0165-35-2213
○旭川支店 北海道旭川市永山北2条9丁目7番地2 0166-47-1461
○札幌支店 北海道石狩市花川東2条1丁目1番地 0133-74-2311
○大阪支店 大阪市住之江区平林北2丁目9−51 06-6683-8181
○九州営業所 佐賀県佐賀市諸富町大字徳富201-5 0952-47-9366

関連会社 ◆三津橋産業グループ会社

●株式会社サンキョウ重機 北海道士別市大通西20丁目464番地   0165-23-3174
車両・重機の修理、販売  北海道運輸局指定工場
 
●三津橋建設株式会社 北海道雨竜郡幌加内町字添牛内5912番地2 0165-37-2227
土木建築業 道路維持請負
○三津橋建設株式会社士別支店 北海道士別市西1条21丁目471番地 0165-22-2259
               
●南富良野木材産業株式会社 北海道空知郡南富良野町字幾寅 0167-52-2121
造材・造林の請負 道路維持請負

●大成産業株式会社 北海道苫小牧市晴海町39番地2 0144-55-2312
家具木取材・集成材用木取・FJ材の生産

イメージ1 イメージ2
地図
大きな地図で見る
フリースペース ◆三津橋産業株式会社とグループ会社の沿革

1930年 北海道雨竜郡幌加内町字添牛内において三津橋泰次郎により木材業を開始
1950年 三津橋木材産業株式会社 資本金200万円に組織変更
本社を幌加内町朱鞠内に移転 木材業に加え土木建築請負業を開始
1967年 深川市多度志木材産業株式会社買収 資本金700万円 広葉樹製材の生産開始
1969年 幌加内町に幌加内木材工業株式会社設立 資本金800万円
広葉樹製材の生産、石油スタンド開設
1971年 士別市に株式会社三和設立 資本金3000万円 針葉樹製材の生産開始
1972年 大阪市に大阪支店開設
1973年 本社を士別市南町に移転 士別市に士別工場開設 広葉樹製材の生産開始
士別市に株式会社サンメイ設立 資本金4800万円
フロアー単板、仕組単板、突板単板の生産開始 国内販売と輸出の開始
1974年 南富良野町千葉林業株式会社買収 社名を南富良野木材産業株式会社に変更
資本金2000万円 針葉樹製材の生産、造林造材業を開始
富良野市島の下に幌加内木材工業株式会社のチップ工場開設  チップ生産を開始
士別市に株式会社サンキョウ重機設立 資本金800万円 車両・重機の修理販売を開始
1975年 三津橋木材産業株式会社 資本金5000万円に増資
1977年 三津橋木材産業株式会社代表取締役三津橋泰次郎死去により、三津橋貞夫が代表取締役
に就任
1979年 剣淵町士別チップ工業株式会社買収
石狩郡石狩町旭新産業株式会社買収 資本金1500万円
広葉樹製材とチップ工場の生産、造林造材業を開始
1981年 広島県府中市株式会社実乃利産業に資本参加 資本金4800万円
三津橋木材産業株式会社のグループ企業として家具製材の販売を行う
士別チップ工業株式会社を剣淵町より、中川郡音威子府村に移転
社名を常盤木材工業株式会社に変更 資本金4800万円とする
1982年 苫小牧市大成産業株式会社買収 資本金3000万円
家具木取材、集成材用木取、FJ材の生産開始
幌加内町に幌加内町並びに三津橋木材産業株式会社との合弁会社株式会社幌加内町林産振興
公社設立 資本金3800万円 広葉樹製材の生産開始
登記上の本社を幌加内字雨煙内4765番地の3に移す
三津橋木材産業株式会社朱鞠内チップ工場を幌加内町に移転 チップの生産を継続
1986年 旭川市永山町に旭川支店開設
1987年 社名を三津橋産業株式会社に変更
1989年 大成産業株式会社に刈谷木材工業株式会社が資本参加 新資本金49800万円となる
福岡県大川市に九州出張所開設
上川郡下川町北海道酪農木材工業株式会社買収 資本金4800万円  針葉樹製材の生産開始
多度志木材産業株式会社を深川市より、幌加内町に移転 社名を株式会社北海道オークに変更広葉樹製材の生産を継続
1992年 北海道酪農木材工業株式会社に常盤木材工業株式会社を吸収合併し、社名を株式会社道北ミツハシに変更
北海道酪農木材工業株式会社を株式会社道北ミツハシ下川工場、常盤木材工業株式会社を
株式会社道北ミツハシ音威子府工場として針葉樹製材、チップの生産を継続 新資本金9600万円
1994年 三津橋貞夫 第45回北海道林業年次大会において、林業功労者受賞
1995年 幌加内木材工業株式会社と旭新産業株式会社を吸収合併 新資本金5662万円
石狩市に、札幌支店開設 同年プレカット工場開設
1997年 石狩市にパネル工場開設
1998年 札幌市に住宅課開設
2003年 三津橋産業株式会社から土木建築部門を分割、三津橋建設株式会社を設立 資本金5000万円
2004年 三津橋央が代表取締役社長就任
2007年 三津橋産業株式会社が且O和・鞄ケ北ミツハシ・潟Tンメイを吸収合併
2007年 三津橋産業株式会社旭川支店が永山3条8丁目より永山町9丁目に移転
2010年 創業80周年記念事業として、士別翔雲高校へ可動式ステージ、士別東高校へ演台を寄贈
2013年 三津橋産業株式会社幌加内工場の建屋、機械設備を更新




企業研究

※本情報と項目は本学が取材し作成しました。
特徴



三津橋産業株式会社

募集要項(2018年版)

対象となる卒業生 2018年3月卒業予定者及び既卒者 給与 基本給
(高専・専門・短大) 163,000円
(大卒)  183,000円
募集予定職種 営業職、営業デリバリー 
募集予定人数 若干名
募集学科 全学科 諸手当 燃料・勤務地・住宅・扶養・役付・通勤
採用対象 昇給 年1回 (4月)
必要な資格 普通自動車運転免許 賞与 年2回 (7月・12月)
望む人物像 夢・目標をもてる人 休日・休暇 土曜・日曜(完全週休2日)、祝日
お盆、年末年始、慶弔休暇、有給休暇
年間休日数124日
選考方法 面接 福利厚生 各種社会保険、財形貯蓄、退職金共済、社宅、寮
勤務時間 8:30〜17:30
採用実績人員
勤務地域 旭川市 大阪市  資料請求

会社訪問

日程 随時 備考
申込方式 電話
申込締切

入社試験

日程 未定 提出書類 履歴書、成績証明書、健康診断書、卒業見込書
入社試験会場
試験内容
応募方法 郵送 応募締切

求人に関するお問い合せ/連絡先

郵便番号 095-0021 Eメール k-chiba@mlcmitsuhashi.co.jp
所在地 士別市西1条21丁目471番地 担当者 千葉
電話番号 0165-23-5271 FAX番号 0165-23-2579
フリースペース 当社では随時、職場見学を実施しています。応募の前に是非、職場を見学してください。連絡をお待ちしています。
社内で英会話教室(外国人講師)も実施しており、自由に参加できます。

エントリーシート

企業仕様





三津橋産業株式会社

名前 村尾 直紀 この会社を
選んだ理由
人と接する機会の持てる営業職を志望していた自分にとってその販売対象商品が木材という天然資源の商品がどのように流通しているのか興味があった為。
出身校 帝塚山大学
入社年 1997年4月1日
経験した部署 大阪支店 営業課 わが社の雰囲気 自然豊かな北海道が拠点という事もあってみなさん人情味のある温かい人が多いですよ。
現在の仕事 国産材・輸入材の仕入れ及び卸、小売り業者への販売
後輩へ一言 広大な北海道を拠点とする三津橋産業グループで木の良さ、ぬくもりを日々の提案する仕事に一緒に取り組みましょう!
入社して
一番感動したこと
営業職なので商品を買っていただく、売上を上げる事は勿論で自分という人間を受け入れてもらう事が大事なのでその関係がお客さまと築けた時は営業職の面白さ、魅力を再確認するのでその点に於いて感動を覚えます。
今後の目標 今までの営業職で培った経験を活かして経営や管理の仕事、また後輩の育成といった仕事についても勉強していき自分自身を成長させていきたいと思います。 イメージ
名前 小澤 友基 この会社を
選んだ理由
地域を大切にして事業を展開する姿勢に共感を覚えたからである。私は学生時代に、地域に携わる活動を行っていた為、就職活動の際にも地域への貢献を重視する企業に就職したいと考えていた。企業研究を進める中で、道産材の造林に努めていることや地域の学校に演台を寄贈するなどに取り組んでいることを知り、この職場なら卒業しても地域と深く関わり合いながら仕事ができると感じて志望した。
出身校 旭川大学
入社年 2011年4月1日
経験した部署 総務課 わが社の雰囲気
現在の仕事 総務事務、研修中
後輩へ一言 今年の3月までは、私も学生でした!学生生活では、ゼミナール活動やサークルなどで多くの経験や人に出会いました。このような体験が、人と接する楽しみや面白さを感じさせてくれました。今では、掛け替えのない宝物になっています。皆さんも数多くの体験や人々と出会って、悔いのない毎日を送ってください。
入社して
一番感動したこと
今後の目標 所属する部署では、保険代理店としての業務も行っているので、生命・損害保険の資格を取得して早く保険業務に付けるようにすること。 イメージ